『これらのことをあかしする方がこう言われる。「しかり。わたしはすぐに来る。」アーメン。主イエスよ、来てください。 黙示録二十二章二十節』

マラナタ!主よ。来て下さい!

==

打ち合わせなしで、八名の牧師たちが主からいただいたメッセージを要約して繋げただけです。ちょっと人称を変えたくらいです。二〇二三年、大きく期待します。一言、お祈りして、聖さん式に移っていきたいと思います。

天の父なる神さま、み名をあがめて心から感謝をいたします。二〇二二年、様々な出来事があり、心打ちひしがれていましたけれど、二〇二三年に、あなたは素晴らしい言葉を与えてくださって心から感謝します。この言葉が現実し、あなたをお迎えすることができますように。
古くから主の聖徒たちが「マラナタ!主よ。来て下さい!」と叫んでいましたけれど、私たちはさらに声を大にして、祈ります。マラナタ!主よ。来て下さい!今年中に、お帰りください。そのために一人ひとりを強めて、主の勇士として用いてください。
今からの聖さん式の中に、主のみわざが表されますように。イエスさま、あなたの十字架の苦しみと死によって、死の力を打ち破ることができることを感謝します。今ここに備えられました、パンとぶどうのジュース、あなたの贖いは諸天から地のどん底にまで及びます。天の証人たちも一緒になって、贖いの中に入れられることを宣言します。今年は第三の天が下りてくる年となりますように。イエスさまのみ名によって、祈りをおささげします。アーメン。