「その町に大きな喜びが起こった。」

2021年4月25日(日)新城教会牧師 上條実

使徒の働き8章8節

『それでその町に大きな喜びが起こった。』

ハレルヤ。主を心から賛美いたします。今日皆さんの前に立って、みことばを語ることができます事を感謝致します。いつも私のためにお祈り下さり心から感謝します。上行大動脈瘤の手術をして約六ヶ月になります。この間も受診してきましたが、守られていることを感謝いたします。体力も少しずつ戻ってきております。皆様のお祈りを心から感謝致します。

さて今日は使徒の働きの八章八節から、「その町に大きな喜びが起こった。」というタイトルから学んでいきたいと思います。今回メッセージを担当するにあたって、何を語ったら良いか祈らされました。何を語った良いか本当に迷いました。今新城教会に与えて下さっているみことばを与えて下さいと祈る中で、使徒の働きを読んでいく中で八章八節、『それでその町に大きな喜びが起こった。』というみことばに目が留まり、「これだ!」と主から教えて頂きました。

私たちは今、なにかと暗い日々を送っているのではないかと思います。新型コロナウイルスの影響で、様々な行動制限がされており、最近は感染力の強い変異型ウイルスが現れて、今まで以上に感染しやすい、更にしっかりとした対策をとって行かなければならないと報道されています。緊急事態宣言がつい最近終わりましたが、すぐ多くの感染者が出て来て、東京・大阪そして京都・兵庫には非常事態宣言が再度施行されることになりました。いつになったら終息するのだろうか?と思います。

また日本の至る所で地震が頻発しています。先月の三月十一日、東日本大震災が起きて十年目ということで、様々な報道がなされました。震災と津波で亡くなられた方、行方不明や関連死など合わせて二万二千二百人もの方々がお亡くなりになられたそうです。
そして、この地方では東南海地震がいつ起こってもおかしくないと言われています。それが来たら、なんと三十二万人の死者が出ると言われています。この近辺も震度七だそうです。また津波が襲い、甚大な被害が起き、経済的被害も二百二十兆円だと言われています。いつ起きるか分からない。しっかり備えていかなければならないと思いますが、私たちは備えるだけでなく、被造物の管理人として祈っていかなくてはなりません。

『その町で大きな喜びが起こった。』ということですけども、私が今住んでいる新城市にどんな喜びがあるのかな?と考えてみました。しかしこの町には喜びがありません。高齢化が進み、喜びの出来事など全く聞きません。話すことは、新型コロナウイルスばかりです。強いて考えて言ったら、去年の暮れですか。漫才のMー1で、新城の方がグランプリを取ったというニュースを聞きました。しかし一瞬「新城市出身か!」と喜びましたがそんな喜びはすぐ消えてしまいました。この新城市には何も喜びがありません。また皆さんのお住みになっている街はいかがでしょうか?何の喜びがあるでしょう。
教会を見ていかがでしょう。先ほどゴスペルクワイヤーの素晴らしい賛美を映像で拝見しました。恵まれました。しかし今は集まって大声で賛美する事ができません。愛知県の教会でクラスターが発生したということで、社会に配慮して、礼拝では、換気など感染対策をしっかり取りつつ、静かめの曲を選んで賛美しています。早く心配のいらない中で大声で主を賛美したいと願います。
またつい最近、三人の兄姉が天に召されました。とても寂しい思いがしました。また病気や様々な問題に対してお祈りしていますが、なかなか癒されたり、解決していません。喜びがないと思います。
もっと小さい単位で、家族を考えると嬉しいこともあります。我が家では、三男のところに三人目の孫が七月の終わりごろに生まれる予定です。全部で八人目の孫になります。本当に感謝します。しかし私の家内は少し調子を崩し、先週の月曜日に入院いたしました。いつも家内のためにお祈り頂いて感謝していますが、またぜひお祈り下さい。やはり寝ても覚めても、家内のことが心配になってしまいます。

今日のみことば、使徒の働きの八章八節、『それでその町に大きな喜びが起こった。』本当に素晴らしいみことばです。このみことばが成就すればなんと感謝かと思います。使徒の働きの概要を少し学んでみたいと思います。
使徒の働きの著書は誰とは書かれていません。ルカによる福音書の一章一節から四節と、使徒の働きの一章一節から三節の所から、誰が書いたかを読み取ることができます。ルカによる福音書一章三節を読んでみたいと思います。

『私も、すべてのことを初めから綿密に調べておりますから、あなたのために、順序を立てて書いて差し上げるのがよいと思います。尊敬するテオピロ殿。』

また使徒の働き一章一〜三節、

『テオピロよ。私は前の書で、イエスが行い始め、教え始められたすべてのことについて書き、お選びになった使徒たちに聖霊によって命じてから、天に上げられた日のことにまで及びました。イエスは苦しみを受けた後、四十日の間、彼らに現れて、神の国のことを語り、数多くの確かな証拠をもって、ご自分が生きていることを使徒たちに示された。』

このみことばから「ルカによる福音書」と「使徒の働き」を書いたのが同じ人物である事がわかります。使徒パウロと共に旅したルカが、ルカの福音書と使徒の働きを書いたと言われています。また執筆年はAD西暦六十一年から六十四年ぐらいだと言われています。執筆目的は、初代教会の歴史を紹介するためです。この書物はイエスさまの弟子たちが、ペンテコステの日に力を受けて、イエス・キリストの証人となりイエス・キリストの十字架と復活を延べ伝えていく事に焦点を置いています。これはユダヤだけにとどまらず、世界各地に宣べ伝えられていった。宣教が大きく拡がっていったことを、使徒の働きから見ることができます。使徒の働きは、私たちに勇気を与えるみことばです。この八章八節に、『その町に大きな喜びが起こった。』とありますが、その時どんな状況であったかということを少し学んでいきたいと思います。使徒の働き八章一節〜八節を読んでみたいと思います。

『サウロは、ステパノを殺すことに賛成していた。その日、エルサレムの教会に対する激しい迫害が起こり、使徒たち以外の者はみな、ユダヤとサマリヤの諸地方に散らされた。敬虔な人たちはステパノを葬り、彼のために非常に悲しんだ。サウロは教会を荒らし、家々に入って、男も女も引きずり出し、次々に牢に入れた。他方、散らされた人たちは、みことばを宣べながら、巡り歩いた。ピリポはサマリヤの町に下って行き、人々にキリストを宣べ伝えた。群衆はピリポの話を聞き、その行っていたしるしを見て、みなそろって、彼の語ることに耳を傾けた。汚れた霊につかれた多くの人たちからは、その霊が大声で叫んで出て行くし、多くの中風の者や足のなえた者は直ったからである。それでその町に大きな喜びが起こった。』

ステパノという主の弟子がいました。この人は教会の中で皆から信頼されていた人でしたが、ユダヤ人たちに捕らえられ石打の刑に遭い殉教してしまいました。そこから教会に対しての大きな迫害に発展しました。サウロ、後のパウロですが、彼は教会を荒らし、家にいるクリスチャンを引きずり出し、牢屋に入れまくりました。
ところが、人の目には否定的に見えるこのような迫害も、主の計画から見ると、エルサレムから始まり地の果てまで主イエスの福音が広がる為の重要なきっかけとなったのです。
使徒たちをはじめクリスチャンは、エルサレムでは福音を語ることができずに、地方に散らばって行きました。しかし、この人たちは、みことばを宣べながら、巡り歩いたのです。そのひとり、ピリポという人は、ユダヤからサマリヤに下って行き、そこで福音を語り始めました。すると、その町に大きな喜びが起こったのです。サマリヤは、皆さんもうご存知だと思いますけども、以前イエスさまがスカルの町に近い井戸のところで女性に伝道し、多くの人たちがイエスさまを信じた町です。サマリヤ人は異邦人の混血であって、彼らの宗教は、ユダヤ人と異教徒の信仰と慣習の交じり合ったものでした。サマリヤ人がイスラエルの宗教に背を向けたことで、ユダヤ人は彼らに 憎しみを募らせていた。ユダヤ人にとってサマリヤ人は汚れた者として一線を引いている民でした。そのサマリヤにピリポが出かけて行き、福音を語ったのです。そして汚れた霊につかれた多くの人たちから、その霊が大声で叫んで出て行くし、多くの中風の者や足のなえた者は治り、それでその町に大きな喜びが起こったのです。ピリポが多くの奇跡や癒しを行い、サマリヤはピリポの話を聞き、その行っていたしるしを見て、みなそろって、彼の語ることに耳を傾けたのです。異教の地にリバイバルが起きました。なぜピリポはサマリヤでリバイバルを起こすことができたのでしょうか?それは使徒の働きの鍵となるみことばですが使徒の働きの一章八節

『しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」』

二階座敷でイエス・キリストの弟子たちが集まり、皆で真剣に主を祈り求めていた所に聖霊が臨まれました。使徒の働き二章一〜四節に、こんなみことばがあります。

『五旬節の日になって、みなが一つ所に集まっていた。すると突然、天から、激しい風が吹いて来るような響きが起こり、彼らのいた家全体に響き渡った。また、炎のような分かれた舌が現れて、ひとりひとりの上にとどまった。すると、みなが聖霊に満たされ、御霊が話させてくださるとおりに、他国のことばで話しだした。』

二階座敷で聖霊さまを求めていた時、聖霊の力をいただきました。その力でピリボはサマリヤで奇跡を行う事ができたのです。そしてサマリヤに大きな喜びが起きたのです。憎しみも、汚れているという、そういう壁も全部飛び越えて、主は大きな大きな喜びをその町に与えてくださったのです。

私たちの新城教会にも、似た出来事がありました。よくメッセージで聞きますし、「主が立ち上がられた日」という滝元順牧師が書いた本に詳しく書かれていますが、一九九二年二月十三日に、聖霊さまが突然、この教会に訪れてくださいました。祈っている時に人が倒されて、聖霊に満たされて、あの使徒の働きと同じような体験をしました。異言で語ったり、様々な主の業が現されて、熱い聖霊さまの火が下って、本当に素晴らしい体験をさせていただきました。その時は大きな戦いの前にありました。阪神甲子園球場を会場とし、一九九三年十一月に三日間「全日本リバイバル甲子園ミッション」という大きな集会をしようとしていました。この田舎にある新城教会が中心となって、全国の教会に呼びかけて、日本のリバイバルの集会をしようと計画しました。今まで行ったことも見たこともなかった大きな球場、甲子園球場を借りて集会する。費用がどれだけかかるか考えもせず、戦いの火ぶたが切られた時でした。どんなに大変かということすら知らずに、始めたのです。祈り、主に頼るしかないと祈り始めました。そして一九九二年二月十三日に聖霊の訪れが起こりました。私たちはこれから大きなリバイバルが始まると思っていました。
しかし、全く違いました。確かに、子どもからお年寄りまで悔い改めの霊が注がれて、みんな罪が示されて泣いて悔い改めたり、多くの若者が主の為に働きたいと献身しました。しかし教会の中には大変なことが起きました。当時、韓国やアルゼンチンでも大きなリバイバルが起きていました。同じように日本でも大きなリバイバルが起きると思っていました。しかし、どうなったかというと、この教会が悲しいことに二つに分かれてしまいました。一緒に礼拝していた人たちが、別の所に教会を作り礼拝を守るようになってしまいました。また全国の教会の中で「あれはおかしい働きだ」と、甲子園ミッションの働きに反対する教会や団体も多くありました。ありもしない噂を言われたこともありました。そんな中でも、主は大きな祝福を与えて下さって、甲子園ミッションは、多くの方々が集まって、三日間で、延べで十二万四千人の方々が甲子園球場に集まりました。グランドの真ん中に大きな十字架型の舞台を作り、メッセージ後、滝元明牧師が「イエスさまを信じたい人、この十字架の上に来なさい。」と招きの時を持ちました。今でも忘れません。本当に多くの方々が十字架ステージに上って来る姿を見た時に、泣けて仕方ない、本当にこのために働いてよかった!と思ったことを、昨日のことのように思い出されます。

あれから二十八年が経ちました。目に見えて大きなリバイバルが起きたかというと、そうではありません。一九九二年聖霊の訪れがあり、その後霊的戦いを主が教えて下さいました。今まで考えてもいなかった霊的束縛があることを知り、様々な角度から霊的戦いの祈りをしてきました。しかし目に見えて祝福を下さったかというとそうではなく、様々な戦いが新たに始まり、先ほども言いましたように、今は暗い時代です。

新型コロナウイルスのために、教会には、皆が一同に集うことができず、密にならないように一部と二部の礼拝に分け、またインターネットで配信リモート礼拝を行なう。共に交わることができず、家庭に訪問すらできない。思ったこともないようなことが現実に起きています。兄姉とともに会って祈る事もできない。一緒に食事もすることもできない。何か散り散りバラバラで、神の家族が散り散りバラバラにさせられている寂しい現状です。

そして、この頃思います。ワクチンが日本にも少しずつ入って来て、接種が始まったというニュースを聞きます。ワクチンも接種するかどうか様々な意見がありますが、みんなが接種すると、だんだんワクチンの効果で日本もマスクもいらない世界が来るのではないかと期待している方もおられると思います。イスラエルではワクチンを多くの方々が接種し、町を歩く時マスクしなくてもよくなった、と報道されていました。新型コロナウイルス終息のために祈っていますが、知らない間にワクチンが福音のように感じてしまい、ワクチンがあったらこれで良くなる。そんな感じがして、ワクチンが福音のように感じてしまっています。
そんな時、『その町に大きな喜びが起こった。』このみことばを頂いて、もっと主に目を向けていかなければいけないじゃないかと教えられております。エレミヤ書三十三章三節に、こんなみことばがあります。

『わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解を越えた大いなる事を、あなたに告げよう。』

私たちはリバイバルを想像するときに、多くの人々がクリスチャンになる。そして病が癒されて、奇跡が起き、問題も解決して、素晴らしいみわざが起きる。いろんなことを私たちは想像するわけです。そんな私たちの想像よりも理解を越えた大きな働きをしてくださるのが私たちの主です。聖霊の力しかないわけです。ですから私たちは聖霊の力を求めていかなければいけないと覚えます。先ほども言いましたように、五旬節の時に聖霊が臨んで、あのユダヤの地に大きなリバイバルが始まったわけです。しかし現実はステパノが殺され、サウロによって、教会が荒らされ、そしてクリスチャンが投獄されることとなった。そのため地方に散らされて、そこで福音を語った。人の目に困難に映るこの迫害も、主の計画から見ればエルサレムから始まり地の果てまで主イエスの福音が拡がる重要なきっかけとなった。福音が宣べ伝えられ、私たちの町にも、新城教会にも福音が届いて、今皆さんとともに礼拝をしているわけです。
主は私たちに聖霊の働きの中で不思議な業を起こしてくださいます。必ず私たちに、この町に、大きな喜びを与えてくださると信じます。ユダヤと敵対していたサマリヤに主が訪れてくださった。あまり良い例えではないかもしれませんが、愛知県は日本一寺が多いそうです。日本で最も寺が多いと言われているこの地。また町の名前を出して話すことはあまりよくないかもしれませんが、京都や奈良のように修学旅行などで行かれるような地でも、町全体が新興宗教の町になっている所も「私は主を信じます!」と多くの人がイエス・キリストを信じてリバイバルが起きたなら、どんなに素晴らしいことでしょう。主の計画は不思議です。ですから私たちは、主が活きていることを信じて、進んでいきましょう。マタイによる福音書二十一章二十二節、

『あなたがたが信じて祈り求めるものなら、何でも与えられます。』

すごく魅力的なみことばです。私たちの教会は、七十一年の歴史の中でずーっとみことばが語られ続けています。今年のテーマが「七十年が満ちた二〇二一 〜回復と再建の年〜 大逆転・大勝利」、このことばを主から与えられた約束として私たちは握っています。皆さんどれだけ期待していますか?暗くて最悪なことを考え信じていませんか?私たちは神のことばをしっかりと信じていきたいと思います。ヨハネの福音書一章一節に、

『初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。』

と書いてあります。聖書は、主ご自身が語ったことばです。またイザヤ書五十五章十〜十一節に、

『雨や雪が天から降ってもとに戻らず、必ず地を潤し、それに物を生えさせ、芽を出させ、種蒔く者には種を与え、食べる者にはパンを与える。そのように、わたしの口から出るわたしのことばも、むなしく、わたしのところに帰っては来ない。必ず、わたしの望む事を成し遂げ、わたしの言い送った事を成功させる。』

とあります。雨などが降れば地を必ず潤す。同じように主のみことばは、必ず成就する。
種蒔く者には種を与え、食べる者にはパンを与える。そのように、主が語られたみことばは、むなしく、わたしのところに帰っては来ない。必ず、わたしの望む事を成し遂げ、わたしの言い送った事を成功させる。とあります。マタイの福音書五章十八節、

『まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、律法の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が成就されます。』

私たちの神は今も生きています。みことばは天地が滅びうせない限り、律法の中の一点一画でも決してすたれることはない。全部が成就されるとあります。ですから私たちが聖霊の力をもう一度求めていかなければいけないと深く教えられます。

五旬節の時、二階座敷で聖霊さまが臨まれました。その時にリバイバルがすぐに進んだかというと、そうではなくて、迫害があり、ステパノも殺され、散り散りバラバラになって、本当に理解のできないような状況の中にあって、不思議なことに福音が前進しました。同じように私たちの教会に一九九二年に大きな聖霊の満たしが与えられました。私たちは何もできません。しかし神さまにとって不可能なことは一つもありませんから、聖霊の力に満たされて、私たちは進んでいきたいと思います。
今年、この教会に与えられているみことばが、イザヤ書四十四章二十六節〜二十八節、

『わたしは、わたしのしもべのことばを成就させ、わたしの使者たちの計画を成し遂げさせる。エルサレムに向かっては、『人が住むようになる』と言い、ユダの町々に向かっては、『町々は再建され、その廃墟はわたしが復興させる』と言う。淵に向かっては、『干上がれ。わたしはおまえの川々をからす』と言う。わたしはクロスに向かっては、『わたしの牧者、わたしの望む事をみな成し遂げる』と言う。エルサレムに向かっては、『再建される。神殿は、その基が据えられる』と言う。」』

このみことばから「七十年が満ちた二〇二一 〜回復と再建の年〜 大逆転・大勝利!」と私たちは信じて祈っています。いろんな角度から先生方がメッセージを語って、必ず生きて働く神が、成就してくださると私たちは信じているわけです。
今週、私たちはもう一度、聖霊の力を求めて、祈りましょう。この町に様々な噂が立って、大きな喜びが起きて、あの教会に、あの人に、本当に素晴らしいことが起きたんだ!と、主の栄光が現されることが起きるように是非とも祈ってきたいです。

最近、あるところでこんな話を聞きました。クリスチャンでない方からです。「ねぇ新城教会ですごいこと起きたんだって?」と言うんです。「何?」と聞いたら、「癌が治ったんだって!?」と。その人はどこから誰から聞いたか分かりませんが、滝元享子先生のことを聞いて話してくれました。「考えられない事だよね。すごい!」と、その人は興奮していました。私は「はい。すごいことが起きました。」と話しました。もっとそんなことが起きたら素晴らしいと思います。
世界宣教のメールで報告がありましたが、新しい薬の投与の為に今再入院されておられますが、その中でも多くの奇跡を主は起こして下さっています。是非更に聖霊を求めて祈りましょう。回復と再建の年大逆転・大勝利を願い祈りましょう。五旬節の時下った聖霊さまは今も私たちと共にいてくださいます。

今回このメッセージをするにあたり、私も手術して六ヶ月経って、まだまだ体力が戻っていないので、なかなか県民の森祈祷会に出かけることもできずに、家で祈っています。でも今回チャレンジを受けて、昨日は午前中に教会スタッフのミーティングが終わった後、どうしても県民の森に出かけて祈りたいと思いました。でも一人で行く勇気がありませんでした。ちゃんと歩くことができるか自信がありませんでした。毎週夜の祈祷会では駐車場よりもっと手前の所から歩きますが、昨日は駐車場まで車で入って行けます。それでも不安だったので、滝川スタッフにお願いして一緒に行ってもらいました。もし歩けなくなったら彼に支えてもらおうと思って県民の森に行ってきました。
マスクしていますので、あまり彼は分からなかったかも分かりませんけど、心臓が口から飛び出すくらいに大変で、こんなに体力がなくなったのかと思いましたが、行けて本当によかったです。再度聖霊が注がれた場所に立って祈ることができました。日本に、新城市に、新城教会に、また家庭に喜びが満ち溢れるように祈ることができました。再度私たちに聖霊さまが下り、奇跡を現わして下さるように。みことばが成就するように祈って来ることができて感謝でした。

皆さん、私たちの神は生きていると信じますか?本当に今も生きていますよね。理解を越えた大いなることをしてくださる方です。人間と同じレベルの方ではない。圧倒的な勝利者です。ですからその方のために私たちはもう一度聖霊の力を求め、聖霊の力でこの日本を変えてください!この真っ暗闇な、新型コロナウイルスで集まることもできないような教会が、この町が、主よ、あなたの業で、ワクチンじゃなくて、神の業で大きく変えられるように、癒されるように、今日もここで手話通訳されていますけど、ろうあ者の方が癒やされるように。また私の家内や、また滝元享子先生や病を持った方々、他にも多くの問題を持ってがんじがらめになって苦しんでいる方々が癒され、解放され、勝利を持ったら、どんなに素晴らしい事でしょう。私たちにはできない。しかし私たちの神はできる方です。今日そのみことばを信じて、今週はリバイバルを求め、特に聖霊の油注ぎを求める一週間にしたいと思います。どうしても皆さん、寝ても覚めても油注ぎを求め、聖霊さまを求めて、主の業をここに現してください!と求めようじゃありませんか。次元が違う、新しいことが始まると信じます。今日、私たちは暗い閉ざされたところで止まっていますが、それが主の計画であって、また大きく広がって、あの時にサマリヤに大きなリバイバルが起こり、ありえないところでリバイバルが起きて、拡がって拡がって、今、私たちのところまで福音が宣べ伝られた。どうしてもリバイバルをいただきたい。どうしても病が癒やされて、どうしても魂が救われて、皆、主のみ元に行ってほしいと願います。油そそぎを頂き、「その町に大きな喜びが起こった」このみことばが成就するように求めていきたいと思います。最後にお祈りします。

「愛する天のお父さま。今日本に大きな喜びが必要です。私たちの町に、教会に、私の家に大きな喜びが必要です。どうしても、奇跡を起こしてください。どうしてもリバイバルの業、油注ぎを与えて下さい。主よ、油を注いでください。聖霊の激しい訪れを、もう一度起こしてください。主よ、あなたは生きて働いています。みことばを信じます。みことばが成就しますように。信じたら答えてくださる主ですからこの町に大きな喜びを与えて下さい。そこに働く暗闇の力を打ち砕きます。約束のみことばをここに起こしてくださいますように。尊い主イエスさまの御名によって、お祈りをおささげいたします。アーメン。」