「70年が満ちた2021 回復と再建の年! 伝道礼拝 〜天下にイエス・キリスト以外、救いはない!~」

それがあったことによって、一年後、実力はなくても、四年制大学に入学できたのです。カンニングして良かったなぁ・・、じゃなくて、悔い改めをして良かったなと思っています。
振り返れば、全てを主に感謝しています。なぜならば、一年間働いたことによって、社会の厳しさが分かりました。ですから、私は大学四年間、本気で勉強をしました。後に現場に戻ったときのために、みんな講義をよく休んでいましたが、休みませんでした。全部の講義に出て勉強しました。
また、四年間の成績をトータルして、平均点が八十点以上の人たちの中で、トップになったら、四年目の学費を全額返してくれるという特待生制度がありました。私は結構、大学に入ってからは成績が良かったので、「特待生になれるかも!」と思いました。一年間、汗水たらした金を取り戻せる!と思ってわくわくしていました。

そして、特待生を目指して、最後の試験に臨みました。もう一人、私の友人で、大変優秀な男がいました。彼と競っていたところがあったのですが、「俺は絶対に勝てる!」と自信がありました。そして発表の日がきました。
誰が一位になったと思いますか。残念ながら、私ではなかったのです。私の友人が私よりたったの「0.5点」だけ勝っていて、彼が特待生になってしまいました。本当に悔しかったです。

しばらくしたら彼が私の所に来て、「滝元、ちょっと話がある。君に謝らなければならないことがある。」と言いました。
『えっ?何を?』と聞くと、「僕は特待生になったけれど、特待生の資格なんかない。」と言うのです。どうしてかと聞くと、なんと、「最後の試験の時、君の答案をカンニングさせてもらった。」と言うのです。それで私よりも0.5点上回って、特待生になったそうです。私はそのことを聞いて、少しショックだったけれど、ちょっと嬉しかったです。なぜならば、私はカンニングして、大学に入学できたのです。でも最後は、カンニングされて特待生を逃しました。それでチャラです。神さまも粋な形で落とし前をつけてくれたというか、ユーモアのある方だなぁと思います。私は万年、一番にはなれない男です。
いずれにしても、私たちが神さまの前に罪を悔い改めると、どんでん返しが起こります。すべてのことを相働かせて益としてくださるのです。

『神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。』(ローマ八章二十八節)

イエス・キリストを信じる告白をし、罪を告白する時、根本的には何が起こるのか。先ほど読んだ聖書の箇所にありました。『暗やみから光に、サタンの支配から神に立ち返らせる。』とあります。
救いとは、悪魔の支配からの解放です。やがて私たちは、この地上を去って、地球から出て行かなければならない日が来ます。外に出ると、一つのことに気づくのです。死ぬ瞬間は、ちょうど出国の列に着くようなものかもしれません。「大勢の人たちが一度に死ぬものだなぁ。」とね。
死んだら、次の国に入るのです。それは私たちが持っているビザによって決定されます。地球から去った日に気づくことは、死後に入国可能な国は「二つしかない」ということです。神の国か、それとも、悪魔の国かの二つの内の一つです。
もしも、私たちがイエス・キリストを知らなければ、悪魔の支配下ですから、悪魔の国に入国しなければならないのです。
神の国への架け橋は何でしょうか。イエス・キリストです。他にはありません。

今日、「天下にイエス・キリスト以外に救いはない!」というタイトルをつけました。あまりにも大胆な題ではないでしょうか。自信に満ちています。これは事実です。イエス・キリストを救い主として信じるならば、私たちはサタンの支配から神の支配下に移されて、神の国を受け継ぐものとされるのです。そのために必要なのは二つです。
一つは、イエスさまを自分の救い主として受け入れる告白。そして自分が罪人であることを認めて、罪を告白する時、救いを得ることができるのです。なぜならば、イエスさまが十字架において、全てを成し遂げてくださったからです。

最後に皆さんと共に、お祈りの時を持ちたいと思います。イエス・キリストを自分の救い主として、ドラマにあったように、「私の心に来てください。」とお祈りしましょう。
そしてもう一つは、「私の罪を赦してください。」と祈りましょう。罪が思い浮かんだかもしれません。私と同じようにカンニングをした人は、「カンニングの罪を赦してください。」と神さまの前に具体的に祈ってください。
犯罪を犯して警察に行って告白したら、捕まります。しかしイエスさまの前に告白すると、赦されるのです。すごいですね。

(声に出して祈って下さい)
イエスさま、今、私はあなたを救い主として心にお迎えします。あなたを信じます。私の神となり、救い主となってください。私の罪を赦してください。多くの罪を犯してきました。この罪を赦し、私の目を開いてください。永遠の命を与えてください。イエス・キリストのみ名によって祈りをおささげいたします。アーメン。