「70年が満ちた2021 回復と再建の年! キリストのからだ全体の勝利!」

2021年11月7日(日)新城教会主任牧師 滝元順

コリント人への手紙 第一 12章26節〜28節(新改訳2017)

『一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです。あなたがたはキリストのからだであって、一人ひとりはその部分です。神は教会の中に、第一に使徒たち、第二に預言者たち、第三に教師たち、そして力あるわざ、そして癒やしの賜物、援助、管理、種々の異言を備えてくださいました。』

皆さん、おはようございます。ハレルヤ!息子たちが先ほど、演奏をしましたけれど、皆さんの祈りに支えられ、心から感謝します。
昨日は素晴らしい結婚式がありました。森良音さんと有梨さんのお二人でした。今日、来られていますか?大きな拍手をしてあげてください。
彼らも、東京でミュージシャンをやってるプロの音楽家たちで、昨日は、ここで素晴らしい演奏も披露してくださいました。本当に良かったです。
昨日のお二人を見て、結婚というものは不思議なものだと、つくづく感じました。ソロモンというイスラエルの王は、知者中の知者と言われて、何でも知っている人物でしたが、「男が女に出会う道。それだけは不思議だ」と語っています。すでに結婚されている方も、多いと思うのですが、ちょっと時間がずれたり、環境が違えば、決して出会わなかった二人がある時出会って結婚し、一生を共にするわけです。また、そこから新しい命も誕生するわけです。それはまさに不思議であり、神のご計画に他なりません。

新城教会も七十一年の歴史がありますが、歴史の営みの中で、新しい世代が誕生しています。結婚式でも話したのですが、彼ら二人の結婚に、私も関わっていたことに気づかされたとお話ししました。
一九六〇年代、この教会の音楽環境は、かなり保守的でした。そもそも教会は、音楽的にはクラシックが中心で、パイプオルガンと共にあるようなイメージがあります。ですから、今日歌われているようなワーシップソングなどの曲想は、好まれていませんでした。
一九六〇年代、ご存知の方もおられるかもしれませんが、日本にビートルズとか、ベンチャーズとか、新しい音楽が入って来て、エレキ・ギターブームが訪れました。皆さんの中で、「私は勝ち抜きエレキ合戦という番組を知っている」という人、スイッチオン!やはり知っている人いますね。私と同じ年代ですね。私はこの番組にはまっておりました。

新城市で、一人の少年が町に初めてエレキギターを持ち込みました。当時、エレキギターを持っている少年は不良というレッテルが貼られました。当然、その少年にも、不良少年のレッテルが貼られたわけです。それが誰であったかと言いますと、私でした。
牧師の息子がエレキギターを教会に持ち込み、弾き始めたものですから、さぁ大変。その時、私は、たいへんな迫害にあいました。
当時私たちの教会が属していたグループのボスからも呼び出されて、「ギターをやめろ!」と言われ、すごく叱られました。「おまえは教会から出て行け!」みたいな雰囲気にまでなりました。
しかしその時、なぜか知りませんけれど、意固地なところもあって、絶対に止めない!と私は決意しました。それで、まずは父親と戦いました。彼は当時、たいへん固い男で、「エレキギター捨てろ!悪魔の音楽だ!」と言いました。しかし私は、「この新しい音楽を、絶対に捨てちゃいけない!」と思って、ギターを弾き続けました。
そしてグロリア・シンガーズという、ゴスペルバンドを組みました。「歌は世に連れ。世は歌に連れ」と言われるように、その頃になると、世の中の音楽環境が大きく変化して、教会も、だんだんと音楽的に変わってきました。そして私たちが始めた、グロリア・シンガーズが、全国の教会に大きな影響を与えました。沖縄の教会で演奏したら、教会の若者たちが刺激を受けて、その後、七十ぐらいのゴスペルバンドができたそうです。日本全国の教会にも、多くのゴスペルバンドができたので、「日本伝道会議」で、それが問題提起され、議題となりました。新しい楽器や音楽を、日本の教会に受け入れるか否かで、大きな論争になったそうです。
しかしあの時、迫害に耐え抜いてよかったと思います。耐え抜かなかったら、今頃、新城教会の音楽はどんな感じでしょうか。
甲子園ミッションでも、新しい賛美が多く歌われて、私たちに続いて、新城教会の若者たちが、盛んに楽器を演奏するようになりました。その中から、今では、多くの若者たちがプロ・ミュージシャンになって、音楽業界で働いています。森君たちも、その中のお二人です。

 今度、クリスマスに、クリスマス・コンサートを行いますので、是非とも、楽しみにして下さい。今年は「七十周年記念クリスマス・コンサート」というタイトルで、「新城教会の七十年の歴史を音楽で綴る」と題して、元祖グロリア・シンガーズから、ニュー・ジェネレーションまで出演します。ちょっと学芸会っぽいですが、チラシができました。今回のチラシは電子チラシのみですが、新城教会で生まれたミュージシャンたちが終結してコンサートを開催します。また、その他のクリスマス集会も行うことになっていますので、是非とも、楽しみにしていただきたいと思います。

クリスマス・コンサートのチケットは、来週、日曜日から販売致します。今回は、人数制限がありますので、お早めに手に入れて下さい。この会場は、二百五十人がマックスだと思われます。
グロリア・シンガーズも出演するのですが、これは料金には入っておりません。なんと言っても、私、七十歳ですから。昨日もギターをちょっと弾いてみましたら、手が痛くてこれは難しいなと思いました。開先生は現役ですが、私ともう一人の私によく似たのには、あまり期待しないほうがいいです。しかしそれを歴史として、楽しんでいただきたいと思います。

何事でも新しいことが始まる前には、苦しみがあるものです。人類が一番嫌うテーマは、「苦しむこと」だと思われます。「私は苦しみが好きだ。」という人はあまりいないと思います。
でも考えてみれば、苦しみがなければ、決して、新しいものは生まれません。新しい命も、お母さんが苦しまないと生まれません。スポーツの世界でも同じです。オリンピック選手は、人一倍苦しんで、体を鍛えて選ばれるわけです。競技の最中も、苦しみが続くわけです。
私たちは、苦しみは、避けて横に除けたいと思うのですが、苦しみは新しい扉を開く、重要な要素であり、鍵であることを理解しなければならないと思います。

今日は十一月七日ですが、十一月七日は、新城教会では、記念日の一つです。どんな記念日かと言いますと、「甲子園リバイバルミッション」が一九九三年に開催されましたが、十一月五日から七日にかけて甲子園球場で行われたからです。
 「私は甲子園ミッションに行きました!」という方、どのくらいおられますか?結構おられますね。今から考えると、よくぞやったなと思います。この働き、本当に苦しかったです。様々な戦いがあって、私たちは大いに苦しみました。しかしその結果、大会は祝福されて、日本のリバイバルのきっかけとなる集会となりました。三日間で、延べ十二万人以上が集まり、最後の招きの時は感動的でした。父が伝道メッセージをして、「イエス・キリストを自分の救い主として受け入れたい方は、壇上に上がってください。」と勧めると、何千人という人たちが津波のように押し寄せてきました。しかしこの十字架のステージ、あまり丈夫に作っていなかったので、床が抜けそうになりました。それで、「もう上らないでください!」と平岡先生が叫んでいた声が、今でも耳に残っています。このような歴史的な集会も、その背後に、深い祈りと呻き、苦しみがあってこそ、成し遂げられたのです。
ある方には現在、様々な苦しみと呻きがあるかもしれません。苦しみのただ中です!といわれるかもしれません。しかしやがて、それが重要であった事を知るでしょう。

そしてもう一つ、十一月七日は記念日です。私は今日メッセージに立つことができて、本当に嬉しいです。前回、講壇に立ったのは、十月二十四日でした。それは私の家内が、三ヶ月・四ヶ月の命と宣告されたのですが、二年間生き延びた記念日に立つことができたからです。その日、二年間の証しをさせていただきました。
そして十一月七日は、私と家内の結婚記念日だからです。
これは四十五年前の結婚式の写真です。四十五年間、あっという間でした。今日から四十六年目に入るのですが、四十三年目から四十五年目までの二年間は、私にとっても、家内にとっても、人生最大のピンチであり、最大の苦しみの期間でした。
こんなつらいプログラムが、私たちの結婚の最後のパートに設定されていたなんて、結婚式の時には全く想像もしませんでした。しかし結婚した当初から、主は、私たちがこのような苦しみの期間を通過するよう、計画されていたのではないかと思います。
それを始めから知っていたら、お互い、結婚しなかったと思うのですが、家内も私と結婚したから、このような苦しみに遭遇したのではないかと思っています。しかし苦しみはつらいですが、人生においては、重要な要素なのです。
先ほど読んでいただきました聖書の箇所に、次のように記されています。

『一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです。あなたがたはキリストのからだであって、一人ひとりはその部分です。』

この箇所は教会について語っている箇所ですが、教会とは、ただハッピーなことだけの場所ではないのです。教会とは、キリストのからだで、一人ひとりは各器官だと語られています。今日ここにおられる一人ひとり、神に選ばれ、神からの特別な能力、「賜物」と呼びますが、それが与えられています。
人間の体は、多くの臓器によって構成されて、それらが有機的につながる事によって、活動ができるのと同じように、教会も、同様です。
そしてその中で起こる事柄は、ただ単に、喜びばかりではありません。一つの部分が苦しめば、すべての部分が「共に苦しむ」というような、共同体的苦しみも避けて通れないのです。聖書はそのように私たちに告げています。
新城教会、七十一年の歴史を振り返ってみれば、苦しみのほうが多かったと、私は歴史の大部分を過ごした者として、証しすることができます。印象に残っているのは、楽しいことよりも、苦しいことが多かったかもしれません。
教会とは、愛の帯で結ばれた「神による共同体」です。神が一人ひとりを愛の帯で結んでくださって、一つのからだとなるのです。神が集めらた各器官を一つのからだとするためには、帯が必要です。
しかし帯には二種類あるみたいです。二つの帯によって、束ねられ成り立っているのが教会です。一つは、残念ながら「苦しみの帯」です。そしてもう一つが「喜びの帯」です。

『一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶ』とあるように、教会とは、苦しみの帯と、喜びの帯によって織りなされている、神の共同体であるということです。
試練は、神が許しておられる領域であり、苦しみの中で新しい扉を開こうとされていることを、理解する必要があります。

家内は大きな手術を受けまして、十三時間ぐらいかかりました。術後ICUに入って、翌日にはHCUという所に移されました。いろんな臓器を切りましたから、本当に苦しかったらしいです。家内に「手術で何を一番学びましたか?」と聞いたら、「やっぱり、イエスさまの十字架の苦しみだった」と言うのです。身を切られてみて、初めて、「イエスさまは、私たちのために大きな苦しみを通ってくださったんだ。」と、身にしみたと言うのです。
私は術後二日目にHCUで家内と面会したのですが、本当に弱っていまして、「お父さん、私もう、だめかもしれない・・・。」なんて言うんですね。そして、「長いことお世話になりました。」と言いました。私はそうは思いませんでしたが、そのくらい苦しかったみたいです。でもそんな中で、イエスさまの十字架の苦しみが理解できたというのです。

キリスト教から「苦しみの神学」を取り去ったら、キリスト教ではなくなります。私たちが理解しなければならないのは、イエスさまが私たちの罪の身代わりとなって、十字架にかかり、苦しんでくださった事実です。
ゆえに、キリストのからだの中にも、時折、様々な苦しみがあります。教会の苦しみは、個人的な苦しみと言うよりも、共同体的苦しみです。共に苦しみ、共に喜ぶ時、神が大きなみわざを教会に現してくださるのです。
すべての部分が共に苦しみ、すべての部分が共に喜ぶのが、キリストのからだの姿です。その結果として、教会の中に、使徒とか、預言者とか、教師とか、力あるわざ、癒しの奇跡とか、援助、管理、種々の異言など、様々な聖霊の賜物が息づくのです。
一人ひとりに神から与えられた、聖霊の賜物があります。それが力強く息づくためには、二つの帯が必要です。

家内が病になった時、一つのみことばが私の心に響いてきました。以前にもご紹介したことがあるのですが、ペテロの手紙第一、五章七節から十節でした。

『あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。堅く信仰に立って、この悪魔に立ち向かいなさい。ご承知のように、世にあるあなたがたの兄弟である人々は同じ苦しみを通って来たのです。あらゆる恵みに満ちた神、すなわち、あなたがたをキリストにあってその永遠の栄光の中に招き入れてくださった神ご自身が、あなたがたをしばらくの苦しみのあとで完全にし、堅く立たせ、強くし、不動の者としてくださいます。』

このみことばが、私の心の中に強く響いてきました。様々な問題が起こった時、何をしたらいいのか。まず最初に、『あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。』とあります。様々な問題があったら、それを全て神さまに委ねなさいと言うのです。
重い荷物を持っている時に、お隣の人に委ねたら、楽になるのと同じように、まずは神さまに委ねることが大切です。

しかし同時に、ただ委ねるだけではいけないことも、この箇所から学ぶことができます。
私たち夫婦の間に起こった問題は、抱えきれない大きな問題でした。本当に何をしていいのか、どう対処していいのか、地上には対処方がない問題でした。ただ主のみ前に出て、涙して、真剣に哀れみを求め、祈るしかありませんでした。
家内が入院してすぐに、私は子どもたちを招集しました。それで病院に頼んで、「四時間だけ時間をください」と言って、死にかけている家内を病院から連れ出して、この会堂に連れてきました。そしてこの十字架の前で、私と、息子と、娘と、家内と、四人で真剣に神の前に出て、涙と共に、「助けてください!」と叫んで祈りました。「この重荷を受け取ってください。」と祈りました。
その時に一人ひとりに、神からのことばというか、印象を与えて下さいました。私には、「あなたの涙を見た。」と言葉をかけてくださいました。ヒゼキヤが癌になった時に、真剣に泣きながら祈った時に彼が癒されたという、みことばが心の中に響いてきました。息子には「生きる」という言葉が響いたと言いました。そして家内には、「将来と希望」という言葉が与えられたと言いました。
しかし、そんなただ中で、私の娘がすっと立ち上がって、突然、叫び始めました。「やがて滝元順が、この場所で家内が癒された事を皆の前で証しする日が来る!」と叫びました。私はびっくりして、なんか私の娘ではないような、上から降りてきたような姿に見えました。目が光っていました。しかし私は聞きながら、「そんな日が本当に来るのかなぁ・・」と疑い深く、その言葉を聞いていました。
後から娘に「なぜ、あんなこと言ったの?」と聞いたら、「突然、勝手に体が動いて、あのような言葉が出た。」と言うのです。それは預言的な言葉だったと思います。
その二年後の十月の二十四日、預言が実現しました。なぜなら、私は彼女が語った通りのことを、皆さんの前で、証しできたからです。まさに預言の実現でした。